2013年8月17日土曜日

ADKで温度湿度記録装置

AndroidとArduinoで温度と湿度を記録するだけのものを作って見ました。

中の構造は面倒なことはしておらずシンプルです。Groveの温度湿度センサをArduinoに接続し、それをAndroid側で受け取り、ひたすらSqliteDatabaseに記録しています。
使っているArduinoはHarpy nanoと呼ばれる互換ボードです。モノ的にはArduion Pro miniUSB Host Shieldの組み合わせと同等らしいです。

通信方法はADKを使うかUSB Host APIを使うかBluetoothを使うか悩んだのですか、
動かしっぱなしにする都合上、電源の供給ができないと困るのでADKにしました。

  • ADK : Arduino→Androidへの電源の供給ができる。Arduinoに電源を繋ぐ。
  • USB Host API : Android→Arduinoへ電源供給するため、Androidに給電できない。
  • Bluetooth : それぞれ電源が必要になる。


プログラムのソースコードはこちらで公開しています。Arduino側のコードは1のプログラム本体のプロジェクトの中にあります。

  1. プログラム本体 https://github.com/cattaka/adkworks/tree/master/HumiTemp
  2. 通信用サービスLib https://github.com/cattaka/LibGeppa 



0 件のコメント:

コメントを投稿